抹茶について

maccha

抹茶は現在飲料の域を超えて、スイーツなどの抹茶風味として完全に定着していますね。

抹茶は緑茶の葉を若葉の段階で精製して臼でひいて粉末状にしたものです。ですのでかき混ぜることでクリーム状の口当たりの柔らかい飲み物になります。最近は抹茶ビールなどもでてきたようです。抹茶の風味というより、抹茶の粉末を加えることでまろやかなのどごしになることを意図してのもののようですね。

抹茶を含めて一般のお茶の苦味というのは、カテキンの苦味です。カテキンは脂肪の分解を助けるという効果があります。高血圧を抑制し、血中コレステロール・血糖値をコントロールすることもできます。そのほか抹茶に含まれる成分のサポニンには抗がん・抗うつ・抗アレルギー作用があります。

ビタミン各種も豊富に含まれています。抹茶は特にビタミンA・B1の含有量は、他の種類のお茶と比較して多いのです。ビタミンA・B1は皮膚のうるおいをよくしますし、角膜にもうるおいを与えて夜間における視野を広げてくれる効果があります。B1が欠乏しますといわゆる脚気という症状を引き起こします。

またお茶一般に含まれるテアニンはリラックス効果があり、お茶を飲むとホッとするのはこの成分のおかげです。

ただしカテキンの大量摂取については、肝障害を引き起こすという報告もあり注意が必要です。

抹茶を使ったレシピもたくさんありますので、お試しください。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.