ボルダリングは全身運動

BORUDARING

ボルタリングをご存知でしょうか。

ボルタリングとは大きな石ころを意味する”Boulder”から来た言葉で、ロープなどの道具を使わずに人力のみで壁を登る運動を言います。プロは自然の山壁や岩壁などをのぼりますが、アマチュアや初心者でも安全な専用のジムでボルタリングができます。

ボルタリングのためのシューズは少し特殊です。底のゴムにはほとんど刻みがなく、まったいらです。サイズは普段の靴よりも1~2サイズ小さいものを選びます。足との密着度を重視して、壁の凸凹情報を足で感じるためです。

ボルタリングに慣れてくると、より高く登りたくなってきます。そうするとフリークライミングというロープや確保器など道具を使ったクライミングになってきます。筋力のみならず、どの道具をどのような形で差し込むかなど、頭を使って攻略していく点も大きな魅力の一つです。

ボルタリングといっても肩肘張る必要はありません。大人のためのジャングルジムのようなものです。一度登ったら終わりではなく、ルートを変えてまた登っていきます。その選択はほとんど無限なのでいつまでも楽しむことができるのです。

ボルタリングの良さは全身運動ということにつきます。

はじめは体中のあちこちの筋肉が痛いでしょうが、そのうちボルタリング用の筋肉がついてきて体が引き締まります。握力のみならず、足裏の筋肉は普段は使いませんので、ボルタリング特有のトレーニングといえるでしょう。ふくらはぎや背筋など年齢とともに低下する筋力を楽しみながら鍛えることができます。

最近は大阪でもボルタリングができるジムが増えてきました。堺にも深井と白鷺にジムがあります。初心者にはスタッフが丁寧に教えてくれるので、レンタル料もお安いので一度のぞいてみてはどうでしょうか。

This entry was posted in 運動. Bookmark the permalink.