太りやすい人は筋トレを

KINTORE

体質によって太りやすい人と太りにくい人がいます。主に体質の影響によるものですが、太りやすい人は実は運動能力にすぐれていることも多いのです。

体重を増やすには消化器官が頑健でないといけませんし、骨格もがっしりしてないといけません。太るのにも才能がいるのです。そしてすぐ太る人はやせるのも実ははやいのです。要は体重の増減の分散が大きいと言えましょう。

プロ野球選手でやっていくのに大切なのは、もちろん競技能力・身体能力も大事ですが、実はそれと同じくらい大事なのは消化器官の能力だといいます。

メジャーに進出する日本人選手も増えてきましたが、メジャーで成功する選手には一定の傾向があるようです。野茂選手が象徴的なのですが、その特徴は、「どこでも寝られて」「何でも食べれて」「他人を気にしない」ことらしいです(笑。

日本のプロ野球選手もメジャーほど過酷ではありませんが、年間144試合あり、ポストシーズンなども含めると160試合を超える年もあります。シーズンオフの3か月をのぞくと、ほぼ2日に一回は試合をしていることになります。試合は日本全国で行われますので、レギュラーシーズンは全国を飛び回ることになります。

その際大事なのは、そのような試合外での体力勝負に動じない睡眠力と食欲ということになります。太りやすいということは、エネルギーを効率的に摂取できる能力が備わっているということなので、同時にそれを放出する運動能力に優れているということにもなるのです。したがって筋トレをすると早期に筋肉をつけることができます。

やせ形の人はまず大量にエネルギーを摂取するところから始めないといけませんので、筋肉をつけるのは大変ですが、太りやすい人はその心配はいりません。ですので筋トレなど無酸素運動を積極的に取り入れることで筋肉質のひきしまった体を手に入れることができるでしょう。

This entry was posted in 筋力トレーニング. Bookmark the permalink.