ネット中毒にご注意

KEITAI

ネットがつながり、誰もが自分の関心のある情報にアクセスができることで大変便利になりました。ちょっと前まではPCが主役でしたが、現在はスマートフォンになってきています。

しかしながらスマートフォンなどは便利すぎるため、いつでもどこでも手放せずにネットにアクセスすることができてしまいます。最近は電車の中でも、ほとんどの人がスマートフォンをのぞきこんでいます(かくいう私もその一人です・・)。

というわけで、最近はネット中毒についてメディアが取り上げる頻度が増えてまいりました。

ネット中毒の弊害の一つは、PCを目の前にして長時間座り続けてしまうことにあります。PCの画面やスマートフォンの画面をのぞきこむのはかなり肩や腰、そして目に負担をかけますので、気付かぬうちに大きなストレスをしょいこんでいることになります。

運動不足や慢性疲労の原因にもなりますので、できれば30分に1回は屈伸体操をして体の緊張をほぐしましょう。

今はネット中毒の診断サイトがたくさんありますので、自分は少し中毒気味かなと思われる人は試してみてはいかがでしょうか。とはいえ自己診断は簡単です。”自分がやめたいときにスパッとやめることができる”、かどうかです。

ネット中毒症について自分でできる比較的簡単な対策は、バッテリーの予備を持ち歩かない。または外に出て一定の時間運動をする何らかのスポーツ趣味を持つということです。

これからは運動に最も適した季節になるので、意識的にネットから少し離れてみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.