コーヒーの良さ

KO-HI-

コーヒーを朝とらないと一日が始まらない方も多いと思います。コーヒーには覚醒作用があるので、朝に飲むと頭がしゃっきりとするのです。

コーヒーが体にいいのか悪いのか、様々な議論がありますが、最近では、糖尿病予防や抗ガン作用に一定の効果があることが認められてくるようになりました。特に生活習慣病と結びつく2型糖尿病には大きな効果があるそうです。

またアルツハイマーやパーキンソン病など認知症にも大きな抑制効果が認められてきています。

コーヒーにはビタミンやミネラルも豊富に含まれていて、栄養的にもカロリーがない割には豊富なのでダイエット効果も期待できますね。

コーヒーについては1日3杯で健康へかなりの効果が認められることが研究でわかってきました。それについての記事はコチラです。

これからだんだんと涼しい季節になっていきますので、熱いコーヒーを携帯したいと思う方もおられるでしょう。そんな人には象印のステンレス製のボトルがお勧めです。なぜか?アメリカで好評のようでアメリカのアマゾンでも高評価のレビューが並んでいます。

ZOJIRUSHI

片手で開け閉めができること、保温性が高いこと、ステンレスが頑丈で乱暴に扱っても壊れにくいことなどが大きな理由のようですね。実際、アメリカ軍兵士の間でも愛用されているようです。

ちなみにインスタントコーヒーを発明したのは日本人だということをご存知でしょうか? 確かにインスタントコーヒーはアメリカ生まれなんですが、発明したのは在米日本人の加藤サトリという科学者です。

明治維新直後の時代にアメリカにわたって今やアメリカ人どころか世界中の人たちに愛されるインスタントコーヒーを発明してしまうのはすごいことだと思います。ただこの人がどういう人なのかは詳細な記録がないそうです。おもしろいですね。

This entry was posted in 食事, 認知症, ダイエット. Bookmark the permalink.