秋にお勧めのしまなみ海道

SHIMANAMI

だんだんと秋の息遣いが聞こえてきました。

秋と言えばスポーツと食欲の季節ですね。今回はサイクリングで売出し中のしまなみ海道についてご紹介します。

しまなみ海道は尾道から瀬戸内海の小島をいくつも通過して四国の今治側へと渡る約70キロのサイクリングルートです。海上をつなぐ橋の幾つかを通ってできているロードが特徴的で、海と島という二つの風景を楽しめるところが最大の魅力です。

SHIMANAMI2

*サイクリングマップはこちらの”しまなみ海道サイクリング:自転車でもっと楽しく”様のサイトからお借りしました。クリックすると拡大します。

セミプロのサイクリストから、小学生ぐらいの子供まで自分のペースで回れるので、普段自転車に乗らないという方も気軽に挑戦されてはいかがでしょうか。

しまなみ海道は行政側の理解と支持もあり、様々な整備も進んできており、年々観光客が増加しているようです。どちらかといえば、広島県よりも愛媛県のほうが力を入れているようです(笑。

自転車を持たない方や、自転車を持っていても当地まで持っていくのは大変という方にも、レンタルサイクリングショップがあり、自転車の貸し出しをやってくれています。指定されたポイントなら借りた自転車をそこに返却すればいいので、スタート地点に戻ってくる必要はありません。

個人的にはサイクリングに焦点をあてた観光誘致は理にかなっていると思います。といいますのは、サイクリングだと街の隅々まで観光できますし、自動車と違って日帰り旅行というのは時間的にも体力的にも難しくなるため、現地での宿泊をする機会が増え、地元経済にお金が流れるからです。

サイクリングで町興しという成功モデルケースになれば、この動きは全国に広がると思いますので応援したいですね。

愛媛県において10月20日に、”サイクリングしまなみ2013”というイベントを開催するようですので、関心を持たれた方は連絡を取ってみられてはいかがでしょうか。(しまなみ海道の体験レポートはこちらです)

This entry was posted in 運動, その他. Bookmark the permalink.