高齢者に最適な乗り物

BIKE

自転車は人類が発明した最高の乗り物と言われます。自動車や飛行機や船舶があるのにどうしてでしょうか。それは自転車が運動効率において最高だからです。

乗り物というのは機械ですので、内燃機関の非効率性というのは必ずでます。自転車でいえば、タイヤと地面の接地摩擦、ギアからホイールへのエネルギー伝達経路途中でのエネルギー損失などです。

自転車は自動車の6倍、徒歩の5倍、旅客機の4倍ほどエネルギー効率がいいと言われています。自動車では100のエネルギーを投入して、前に進むエネルギーとして使われるのは15もないといいます。これに対して自転車は100を投入して(そのすべてが人力=脚力)、90が純粋な走力に変換されるといいます。

特にプロのサイクリストが使うようなロードバイクだと効率性が抜群に高いのです。

このことが意味するのは、高齢者にとっても負担が少ないうえに、少ないエネルギー出力でも長い距離を移動できるということです。そういう意味でも自転車を積極的に活用したいです。

ただいわゆるママチャリと呼ばれるものは、外に置かれることが多く、風雪によってサビがでてもほとんどケアされず、注油もされません。それでも何年も持つところが素晴らしいと言えば素晴らしいのですが、できれば防水カバー、そしてこまめに注油とタイヤに空気入れをやりましょう。

そうすれば常に新品のような走りを見せてくれるでしょう。

This entry was posted in 運動. Bookmark the permalink.