様々な乳酸菌

nyusankin

ヨーグルトや漬物など発酵食品に寄与する細菌類の一種である乳酸菌はたくさんの種類がありますので、有名な乳酸菌の幾つかを紹介をしたいと思います。

まずヤクルト菌です。ヤクルトと言えばプロ野球の球団スワローズを持つあのヤクルト株式会社ですよね。1930年(昭和5年)、代田稔博士が消化器系のバランスを整えるのに有効な乳酸菌の中で腸内でも元気な乳酸菌を見つけました。これがヤクルト菌です。正式名称はラクトバチルス カゼイ シロタ株と言います。腸内バランスを整えるのに有効です。

次はビフィズス菌です。大腸菌の繁殖を抑え腸内の調子を整えるのと同時に、最近は花粉症に対しても耐性を持つことがわかってきました。いわゆる常在菌で健康に資する善玉菌の一つです。

L92乳酸菌は、新機能性乳酸菌という新しい機能をもった比較的最近認知され始めた乳酸菌の一種です。乳酸菌は食道や胃を通過するまでにそのほとんどが死滅してしまい、活動域である腸にまで到達することがデキませんが、この乳酸菌はかなり酸性に耐性があり、腸に到達しやすいのです。あのカルピス社が商品化しています。

LGG乳酸菌はアトピーに効果的だと言います。この乳酸菌も酸性に強く、しっかり腸まで届く乳酸菌です。下痢予防、インフルエンザ予防にも効果的だと言われています。あまりメジャーではないので、店頭でお目にかかることはあまりないですが、通販ではヨーグルトなどが販売されています。

この他にも数えきれないぐらい、乳酸菌を対象にした乳酸商品は開発販売されています。種類についてあまり神経質にならず、好みのものを見つけられたらいいと思います。

乳酸菌は口腔摂取して腸内に到達しても、数日から1週間程度で死滅排出されるものが多いですし、またストレスなどでも腸内の乳酸菌の数は減ってしまいますので、できれば普段から日常的にヨーグルトなどを摂取したいものです。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.