中百舌鳥のクス

写真 (18)

中百舌鳥は古い街です。百舌鳥八幡宮が中心にあります。

そこから少し離れた住宅街にそのクスノキはあります。古いお屋敷(筒井邸)と小さな古墳にはさまれたクスノキは、一種の威厳をたたえており、見るものに畏怖の感情を与えるほどです。樹齢は800年とも1000年とも言われています。

写真 (19)

残念ながら、少しずつ腐食が進んでいるようです。せっかく1000年近く育ってきたのですから、なんとかこれからも元気でいてほしいものです。

百舌鳥八幡宮にも大きなクスノキが中心にそびえています。クスノキは神社において御神木として信仰の対象になるものも多く、日本最大のクスノキは鹿児島県の蒲生八幡神社境内にあります。こちらは樹齢1500年!だとか。境内に最もクスノキが生えているのは大分県の宇佐八幡宮だそうです。

写真 (20)

神社の樹木は、いわゆる鎮守の森として都市部のヒートアイランド現象を抑制する働きがあると現在再評価されています。アスファルトとコンクリートに覆われた都市部のなかで、ほっとする憩いの場を提供してくれる神社への散歩などもいいものだと思います。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.