複数のスポーツを楽しむことのメリット

zidane

ジダン選手というとフランスが誇るサッカー選手でした。華麗なトラップにはほれぼれしました。しかし彼はサッカー選手でやっていくと決める前は、本気で柔道選手になろうとしていたことは、サッカーファン以外はあまり知られていないと思います。

ジダン選手の足腰の強さやバランスセンス、そして体幹の強さは、柔道での鍛錬を抜きにして語れないと思います。

ジダン選手だけではなく、様々なスポーツのトップ選手には複数のスポーツを楽しんでいた人がかなり多いのです。バスケットボール界のスーパースター、マイケルジョーダン選手なども野球とアメリカンフットボールを得意としていました。バスケットボールの現役時代に、MLBの試合に出ようとしてたこともありましたね。

スポーツを複数やることのメリットは、相乗効果を生み出すこと、ライバルに差をつけることができるということです。他のスポーツをやることで、そのスポーツでしか鍛えられない筋肉を強化できますし、体の使い方も覚えます。一つのスポーツでは得られなかったであろう広い視野も身につけられます。また自分のやっている種目を客観視してみることができます。

そしてもう一つの大きな理由は、ケガをしにくくなるということです。知り合いのテニスのトレーナーによると、ケガしにくい選手の共通点は、テニスのほかにも違うスポーツをやっているということでした。

残念ながら日本人選手は忙しいせいか、もしくは一つの道を究めようとするためか、一つに特化してしまう選手が多いようです。

自転車のロードレーサーなどは、競技に出るようなプロは一日に150キロ近く走りますが、500メートルのウオーキングもできないという人もいます。これは完全に自転車用の筋肉仕様になっているからです。

ここまで極端でなくても、要するに一つのスポーツに特化した筋肉バランスはかなり特殊なものになっています。このことが示唆するのは、複数のスポーツを楽しむことで、バランスのいい筋肉強化につながるということです。

このような話はトップ選手ばかりでなく、一般人にも意味のある教訓を教えてくれます。毎日ウォーキングを楽しんでいる人はとても素晴らしいことですが、たまには水泳もやってみるとか、テニスに挑戦してみるとか、そういうチャレンジも大切です。

もちろん、複数のスポーツをやったほうがいいからといって、3つも4つもすることをお勧めするわけではありません。せいぜい2つぐらいでしょう。または一番好きなスポーツのほかに、幾つかを遊ぶ程度でもいいと思います。

This entry was posted in 運動. Bookmark the permalink.