骨盤の歪み

写真 (7)

骨盤は人間の二足歩行をつかさどる大事な部分です。

ここがゆがんでいると、肩こり、頭痛、腰痛、便秘などを引き起こします。またポッコリおなかの原因にもなります。お年寄りには転倒の原因にもなります。そういうわけで骨盤は体の中心なのです。

そこでまず、骨盤がゆがんでいないかどうか、チェックしてみましょう。

足を組んだときに組みやすいのが右足を上にした時の場合、骨盤は右上に引き上げられます。ですので両足の長さを比べると、右足を左足の上に組む癖のある人は左足が長くなっているはずです。

また目をつぶって片足で立って10秒間立てない人、左右でバランスに大きな違いが出てくる人は、やはり骨盤がゆがんでいる可能性が高いです。

というわけで、簡単な骨盤矯正法を紹介します。骨盤を左右に円を描くようにまわします。左右を3周づつです。手は腰にあて、足は両足を普通に開いた状態です。フラフープを回す要領です。

100081g

そんなの簡単だよ、と思われるかもしれませんが、骨盤がゆがんでいると、案外いびつな円しか描けません。できるだけ大きく、きれいな円を描く気持ちでやってください。毎日習慣にすると、だんだんときれいな円になっていくと思います。

This entry was posted in 運動, 生活習慣 and tagged . Bookmark the permalink.