熱中症にかかってしまったら経口補水液

KEIKOUHOSUI

以前、熱中症対策としてスポーツドリンクを推奨いたしました。

スポーツドリンクはすばらしいドリンクなので確かにお勧めしたいのですが、味についてはやはりスポーツをされる若い方の嗜好に合うようにできています。要するにすこし甘すぎるのです。したがって高齢者の方には、味について敬遠される方もあるかもしれません。 そういう方は粉用を買って薄めて飲むことをお勧めします。

ただし、熱中症にかかってしまった緊急の際に、あらかじめ準備しとくべき飲料水もあります。

それは経口補水液です。

大塚製薬がオーエスワンという補水液を販売していますが、この補水液には、食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムとブトウ糖が含まれており、熱中症対策には最適な成分構成だといえるでしょう。

最近はコンビニでもだんだんと目にするようにはなりましたが、基本は薬局にしかないようです。しかし、たとえばアマゾンなどのネット通販でも簡単に買えるようになっています。水ですのでどうしても店頭で買うと、持って帰るのに一苦労しますから、ネット通販で購入するのが一番いいかもしれません。

経口補水液は結構飲まれていますが、その目的は様々です。二日酔いさましのためとか、足のつり対策とか。とはいえ、普段から飲み過ぎてはいけません。注意喚起の項目には、医師や看護師の指導の下、容量をまもって飲むこととされています。塩分過多になってしまうからです。

やはり経口補水液は、基本的には熱中症にかかってしまった時に飲むことをお勧めします。

経口補水液に含まれている成分をすべて含んでいる日常の食べ物は梅干しです。ですので高齢者の方で熱いお茶が好きな方には、普段から梅こぶ茶を飲むことをお勧めします。また、ブドウ糖摂取のためにハチミツもよいでしょう。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.