熱中症対策のためのスポーツドリンク

POKARI

熱中症というと、どうしても気温のほうに注意が行きがちですが、注意するのはそこだけではありません。それは湿度です。湿度が高い環境にいると、発汗による蒸発がしにくく、そのため熱を体外に飛ばしにくくなります。

そのため猛暑日の続く7月8月のみならず、今のような梅雨の時期も熱中症に気を付けなければならないのです。

高齢者はどうしてものどが渇いていないと、水分摂取を怠りがちですが、体が渇きを覚える前に、こまめに水分を摂取しましょう。そうしないと”自発的脱水”という症状になってしまいます。熱いお茶を頻繁に飲む方がいますが、これは体の代謝をあげ発汗をうながしますので、大変良い習慣といえます。とはいえ熱中症にかかった場合には、冷たい飲み物が有効です。

そこで大事なのはスポーツドリンクの摂取ですが、現在は各メーカーが様々なブランドのスポーツドリンクを販売していますので、どれを選択するのか迷いますよね。代表的なのは、ポカリスエット・アクエリアス・ゲータレード・DAKARAなどですが、一体熱中症対策にはどれが良いのでしょうか。

結論から言うと、やはり老舗のポカリスエットです。塩分にはナトリウムが含まれているのですが、このナトリウムの血液中の濃度が体の温度調節に大きく影響してくるのです。このためナトリウム濃度が標準の血液濃度に近い飲料水が、熱中症対策では有効になってきます。ポカリはこのナトリウム濃度が他の飲料水と比較して一番高く、標準濃度に近いので熱中症対策には最適なのです(あくまで熱中症対策ではポカリが適しているというわけで、他がよくないといっているわけではないです。それぞれ最適なケースがありうるでしょう)。詳細な成分比較についてはこちらのページでも行っているので参考にしてください。

とはいえナトリウムとは要するに塩分なので、この濃度が高いということは、本来かなり塩っ辛い飲み物だと言えます。そのままだと飲みづらいので、かなりの糖分をいれて中和して飲みやすくしてます。というわけで大体のスポーツドリンクは結構甘いですよね。そのためそのまま飲むと糖分過多になりやすいので、できれば氷か水でうすめて飲むのが良いと思います。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.