④習慣化

chainscc3

習慣化するにはいくつかの”コツ”もしくは”工夫”があるのですが、よく言われるのは、計画に”遊び”の部分を作るということです。

毎日必ず○○をすると決めてしまっては負担になりますし、なによりできなかったときに自己否定につながってしまいます。ですので、できなかったときのことを前もって考えて、計画を立てたいですね。

食欲をセーブするのは大変苦痛だけれども、運動なら少しぐらいは始めてもいい、という人がいるとしましょう。その場合は例えば毎日30分ウォーキングをする、という計画を立てるとします。でも雨の日だとか、どうしても行きたくない日が出てくると思います。そういう場合に次善のオプションとして、晩御飯をぬくと決めておけばどうでしょうか。ダイエットの観点から言えば、手法が変わっただけでどちらもカロリー摂取を抑えることには違いはないのですから。

そういう次善のオプションがないと、やらないと決めてしまった罪悪感でそれ以降計画が頓挫してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。ですが、次善もしくは次次善の選択肢を用意しておけば、とりあえず習慣化のプロセスは維持できるわけです。ウォーキングも晩飯抜きもできなかったけれど、掃除をがんばった、でもいいわけです。ただしそのことを前もって計画に含んでいることがポイントです。

要は習慣に優先順位をつけること、代替のオプションを用意すること、それが続けるためのちょっとしたコツだと思います。

最近はChains. ccなどの習慣化アプリなども出てきてるようですから、試してみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in 生活習慣, ダイエット. Bookmark the permalink.