体に良い炭酸水

tansansui

海外では水を頼むと大体炭酸水がでてくるぐらい一般的ですが、ジュース以外の炭酸飲料を積極的に口にしようとする日本人は少ないかもしれません。

炭酸水は二酸化炭素を含んでいるので、本当に体にいいの?と思われる方も多いでしょう。ゲップもでちゃいますし(笑)。でも炭酸水は多くの健康をもたらしてくれるんです。

まず二酸化炭素は酸素に比べて浸透圧が高いため、血流を体の隅々にまで運んでくれます。そのためむくみなどがとれて、肌が生き生きとしてきます。美容のために炭酸水で洗顔するという人もいるぐらいです。

また二酸化炭素を取り入れると血液中に含まれる酸素濃度の比率が下がるために、体は酸素を積極的に取り込もうとして血流を活発化させます。その結果、血行と代謝が良くなるわけです。

そして食前食中に飲むと炭酸でお腹が膨れるので、満腹感が得られてダイエットにもなります。冷えた炭酸水もおいしいのですが、内臓を冷やさないためにはもう少しぬるい温度での飲料をお勧めします。

最近は、コンビニでも炭酸水単独での飲料水が販売されているのを見かけるようになりました。今から暑い夏に向かっていつもはお茶を買うという方も、炭酸水に挑戦してみてはどうでしょうか。

This entry was posted in 食事, 生活習慣, ダイエット. Bookmark the permalink.