②腰痛(トリガーポイント)について

写真 (11)

前回、トリガーポイントから引き起こされる腰痛について話してみました。

今回は、お家でもできる対処法を紹介します。小さい順にゴルフボール、テニスボール、軟式の野球ボール、そしてソフトボールなどを用意します。全部用意する必要はありません。どれか一つでいいです。

ボールを床において、そのボールを痛みのある腰の部分を押し当てる感じで、仰向けになりながら体重をかけ押し付けます。こうするとジワ~と、イタ気持ちいい感触が得られるはずです。ある程度の時間(1分くらい)、体重をかけた後は、少し場所をずらして同じ事を繰り返しましょう。

こうすることでコリの状態をほぐし、一時的に血流をとめると同時に開放することで、人為的に患部周りの血行を良くすることができます。

ボールの大きさを変えて試してみることによって、自分の症状にあったボールを見つけてください。基本的には、小さいものから試していって、大きくなるほど負荷がかかりやすくなると考えてください。大きさの違うものをいろいろ試すことで、コリの状態をいろんな方向と負荷から緩和してくれます。

トリガーポイントから来る痛みは腰周りだけでなく、脚下全般に痺れをもたらすことが多いのですが、その場合でも、例えば太ももに走る痛みの場合は、いすに座りながら太ももの下にテニスボールを置いて、体重をかけると良いでしょう。

ただしこれだけでは痛みの緩和になっても、最終的な治療とはなりません。痛みを緩和して楽になった状態が続いている間に、本格的で入念なストレッチに励みましょう。徐徐に腰痛が改善されていくと思います。

This entry was posted in 介護. Bookmark the permalink.