ベアフットランニング

最近見直されてきたのは素足もしくは素足に近い状態でランニングすること。

こういうのをベアフットランニングといいますが、なんだか昔のアベベ選手を思いだします(笑)。もちろん完全にはだしだと道路で固形物を踏んで危ないので、最近は足袋のような五本指に分かれた形状のシューズをはくようです。

↓こういうもの

tabi

まさに足袋なんですけど、どういう効果あるかといいますと、素足に近い状態なので足裏全体で地面をつかむ感触が得られ、脳への刺激にいいということ。普段使っていない足の筋肉を使うことになるということ。特にアキレス筋あたりに効いてくるそうです。クッション性のある衝撃吸収性の備わった従来のシューズだと、かかとから着地するのですが、これだと前指から地面に着地するようになるので、自然と上半身も前傾姿勢になります。そういえば、昔の絵に描かれた日本人の歩き方も、前傾姿勢ですよね。

じゃあ、このようなランニングは従来のよりもすべての点で優れているかというと、もちろんそういうわけではなく、あくまでもそういう走法もありますよ、ということであり、”合う人には合う”ということになります。なので自分でためしてみて合わないと感じたなら、すぱっとやめられたらいいと思います。大事なことは自分の体に合った運動方法を選択するということです。

とはいえ、普段完全防御されているシューズに慣れている人が下駄をはくと気持ちがいいように、こういうシューズを使ってウオーキングするというのも、気持ちのいいものかもしれません。

This entry was posted in 運動. Bookmark the permalink.