施設案内

室内紹介


器具紹介

柔軟性・バランス向上

レッドコードとは、ノルウェー生まれのトレーニング機器です。天井からつるされた赤いロープ《レッドコード》に手を通して行う自重運動を支援します。この部屋では、体に負荷をかけずバランス能力と柔軟性の向上を目指します。みんなで音楽に合わせて大きく身体を動かすことにより、楽しみながら運動ができます。運動時間は30分ぐらいで、メリハリのある運動を行います。要支援から要介護まで、それぞれに適したプログラムを心がけ、無理のない運動を支援します。


運動機能向上

筋力トレーニングは単に筋力の増強だけでなく、様々な全身に与える効果があります。特に、①骨の健康、②基礎代謝の向上、③体重コントロール、④腰痛予防、⑤尿失禁の解消などに対する効果が注目されています。それらの知見を踏まえて、今日の主なトレーニングガイドラインでは、運動プログラムに筋力トレーニングを含めることが推奨されているのです。
また当施設の器具は次のような特徴があります。
①「HUR」は空気圧による負荷ですので、使用時は非常に静かです
②可動域や負荷の設定が無段階で可能になり、自然な運動の提供ができます
③マシーントレーニングは座ってできるため、転倒などの危険はありません。安全なトレーニング環境を提供します。

アブダクション:歩行を安定させ、転倒しない力をつける。主にお尻からひざ下にかけての広範囲にわたる足の筋力を鍛える
レッグプレス:ふらつかずに立ち上がる力をつける。主に太ももの内側外側の筋肉を鍛える
アブドメイン/バック:大幹の筋肉を鍛え、腰痛を予防する。腹筋背筋を中心に、首下からの筋肉を鍛える

 

物理療法

物理療法とは、物理的なエネルギー(熱・水・光・電気など)を外部から人体に応用し、痛みの軽減や血液循環の改善、リラクゼーションを期待する治療法です。当施設ではメドマーとホットリズミーの二つの器具を用意しています。


メドマー(エアマッサージ):圧縮された空気の力で下肢をマッサージします。病院でも足のむくみの改善や、血流の改善に使用されています
ホットリズミー:ホットパックで治療すると、温熱が皮膚内の静脈路を拡張して血流が増加します。これまでの温熱療法にバイブレーション機能を加えた新タイプのホットパック装置です。