乳幼児にはちみつを摂取させてはダメな理由

先日、乳児が乳児ボツリヌス症で亡くなったという悲しいニュースがありました。生後1か月ほどではちみつ入りのミルクを摂取してしまったようです。

はちみつというと”くまのぷーさん”をイメージする日本人は多いと思いますが、原則として乳児には与えてはいけない代表的な食材の一つです。というのは乳児の段階では腸内環境が未発達のため、はちみつに感染している可能性のあるボツリヌス菌の毒素を中和してくれる腸内細菌が育っていないからです。

このボツリヌス菌は自然界に存在する毒性のある菌の中では最強に近く、軍事利用も検討されているような危険な菌です。神経伝達機構を妨害遮断して呼吸不全や麻痺などを起こします。具体的には脳からの指令を筋肉に伝えるための物質”アセチルコリン”のはたらきを抑制する作用があるのです。

昔から薬にも毒にもなるというように、薬と毒とは紙一重です。このように毒素の強いボツリヌス菌も様々な治療に使用されています。例えば顔面やまぶたの痙攣などにボツリヌス菌を注入して痙攣を止めるというような使われ方です。これは神経伝達の過剰な活動をボツリヌス菌が持つ神経伝達遮断機能を利用して抑えるためです。

おそらくボツリヌス菌の有効活用で最も有名なのは美容整形の「ボトックス注射」です。ボトックスの別称は「A型ボツリヌス毒素」であり、先ほどの治療用の注射もボトックス注射ということになります。現代は小顔であることが一般的に美形とされていますが、ボトックスを顔に打つことで顔の筋肉が収縮して引き締まって見えるからです。

このようにボツリヌス菌はその強い毒性ゆえにいろいろな分野で活用されている、ある意味人間に身近な存在です。ですのでボツリヌス菌についての最低限の知識を得て、同じような事故を招くようなことがないように啓蒙していく必要があると思います。

乳児に食べさせてはいけないものはこのほか、カフェイン、もち、こんにゃくゼリー、ピーナッツ、そば、いか、オイル製品などがあります。赤ちゃんは塩分が多分に含まれている缶詰食品は苦手でNGです。

前回缶詰事情について書きましたが、ボツリヌス菌は缶詰を汚染することもあります。最近の缶詰も日々技術進化していますので、まず起こり得ないと思いますが、保存環境が劣悪だと感染する場合もありますから衛生状態には気を付けてほしいと思います。

離乳食についてはネット上にたくさんの情報がありますがすべてが正しいわけではなく、様々な情報を自分で比較検討しながら、わからないときは保健所や小児科医のほうでも教えてくれるので聞いてみるのもよいと思います。

Posted in 食事, 生活習慣 | Leave a comment

缶詰は賞味期限真近のほうがおいしい!?

以前お肉の熟成について紹介したことがありましたが、最近は缶詰についても長期間寝かせておいしくさせるということがトレンドになっているようです。NHKの情報健康番組「試してガッテン」で昨今の缶詰事情について紹介されていましたので、ここでもその一部を紹介したいと思います。

缶詰というと結構賞味期限を機にされる方も多いと思いますが、缶詰もある程度寝かせたほうがおいしいといいます。これはいわゆる発酵食品のように発酵することでうまみ成分が出てくるからではありません。

缶詰に長く密封されていると、食材の筋繊維がゆるんだりして細胞間の間に隙間ができます。その隙間に一緒に閉じ込められている周りの調味料などが浸潤していって、豊潤で熟成された味に仕上がるわけです。普通であればそれだけ長い時間熟成していると腐敗してしまうものですが、缶詰のなかで密封されているので腐敗しないで済むわけです。

スペインも日本と同じ缶詰大国ですが、表示記載には賞味期限ではなく熟成期間~カ年と記載されています。そして熟成期間が長いものほど売れているわけです。日本では缶詰賞味期限切れが近づいている缶詰ほど前に陳列されていると思いますが、本当は缶詰は後ろのほうが熟成されていて良いのですね。

日本では基本製造日から大体3年経過した日を賞味期限として定めているので、賞味期限から3年割り引いたものが製造日となります。そこから今日の日付までの期間が熟成期間となります。ほとんどの缶詰が基本3年以上熟成させたもののほうがおいしくなっていますので、安心して賞味期限に近い缶詰から購入してほしいと思います。

もちろん個人の好みはありますので、缶詰でも新しいほうがやっぱり良いという方は新鮮な缶詰を選んでほしいと思います。一般的には新鮮な缶詰は味が分離しているのに対して、熟成させたものは味がまろやかになるといわれています。

本来、食べ物を腐敗させないで熟成させるには大変な手間がかかりますが、缶詰製品は製造業者さんのほうですべて行ってくれているので、非常にコスパのよい手ごろな食べ物だといえます。

日本はなんでも缶詰にしてくれる缶詰大国だといえますし、同時に地震大国でもあります。非常食としても重宝される缶詰ですから、ストックしておいてしばらく手を付けていなくてもますますおいしくなるわけですし、缶詰の効能をもう一度認めてもよいと思います。

Posted in 食事, 生活習慣 | Leave a comment

糖質ダイエットにむく甘味料

甘味料といってもいくつかの種類があります。ここではダイエットによい甘味料、よくない甘味料という観点から、甘味料を分類してみようと思います。まずダイエットにとって良い甘味料は人工甘味料です。

人工甘味料には「糖アルコール」と「合成甘味料」の2種類があります。糖アルコールとはアルコール基を持つもので、天然素材を原料とするものです。食品添加物としては、血中に完全には吸収されないため血糖値が上がりにくく、甘味があるために低糖甘味料として有用されているものです。代表的なものにはエリスリトール、キシリトール、ソルビトールなどがあります。

これに対して合成甘味料はその名のとおり、人為的に合成された甘味料です。糖アルコールの天然素材を原料とした甘味料に比べれば安価でよく使われている甘味料です。代表的なものは、スクラロース、アスパルテーム、ネオテームなどがあります。

それではこれら人工甘味料と比べて、摂取すると逆に血糖値を急激に上げてしまう糖質もあります。それが「異性化糖」です。異性化糖の原料はトウモロコシで、トウモロコシから作ったコーンシロップを”異性化”という化学的な操作によってブドウ糖と果糖に変えたものです。

この異性化糖の問題点は、先ほどの人工甘味料とは対照的に、血中にスムーズに吸収されてしまうので、血糖値が急激に上がってしまうという性質にあります。果糖は本来は果物に含まれている糖で、果物の食物繊維と一緒に召し上がるとそこまで血糖値を上げるものではないのですが、トウモロコシから抽出され純化した糖は血糖値を乱高下させてしまうのです。

異性化糖は低温になるほど甘味が増すという性質があり、アイスや清涼飲料水によく使われる甘味料なので、意識しないでぐびぐび飲んでしまうと、食後血糖値を急激に上げてしまうことになります。

このように甘味料といってもダイエットによい甘味料と、血糖値を急激に上げてしまう甘味料の2種類があります。ですので例えばのどが渇いて自動販売機で清涼飲料水を飲むときも、甘味料に何が入っているのかを確認してみるのも大切です。

ただし人工甘味料については、とりすぎるとかえって肥満を促す効果があるともいわれています。ここら辺の研究については正直一長一短があり、結論が決定的なものというわけではありませんが、甘味料に限らずなんでも特定のものを過剰摂取すれば体に害がでます。ですので、ダイエットにいいからと言って必要以上に人工甘味料の食べ物や飲料水を摂取するのはお勧めできません。

Posted in 食事, ダイエット | Leave a comment

アニサキス食中毒を避けるためには

アニサキスというと、魚などに付着している寄生虫です。おそらくその存在を意識したことがない人でも、焼き魚などで目にしているはずです。焼いて過熱してあるとアニサキスは死にますので、口の中に入れても問題ありません。

アニサキスは冷凍にも弱いので、回転ずしなどでは食材は冷凍されたものを解凍して出されているので、基本アニサキスに”あたる”ということはありません。ただし日本近海の鮮度の高い「良い」魚を使う普通のお寿司屋さんでは、アニサキスに当たる可能性はあります。

当たらないのは職人さんが魚をさばくときに取り除いているからです。もしくはたとえばイカのような場合は、表面に細かい切込みをいれてアニサキスを殺しているからです。スーパーで売っているイカはソウメン状にしてあるものが多いですが、一つはアニサキス対策です。

昔はサーモンは生のままでたべる魚ではありませんでした。これはやはり寄生虫による食中毒が怖かったからです。しかし冷凍技術の発達で遠洋でとれた鮭を冷凍することによってアニサキスを殺し、生のままで食べれるようになったわけです。しかしそれに慣れてしまうことによって生食への警戒心が薄れて、冷凍されていなかった魚を生のままで食べてしまい、アニサキスに当たるということが起きるわけです。

毎年アニサキス中毒については厚生労働省が感染者数を公表していますが、その数自体はたいしたことはありません。しかしこれは症状が重くて病院に行った人の数であり、潜在的には多くの人がアニサキス中毒にかかっていると思われます。また食べてしまった人はもっとはるかに多いはずです。

食べても症状に出ないのは、強烈な胃酸によってアニサキスを死滅させているからです。しかし一部の生き残ったアニサキスが胃壁や腸の壁などにへばりついて中に食い込もうとします。これが激痛を引き起こすのです。アニサキスによる胃痛が起きた場合は、できるだけはやく病院に行ってとってもらいましょう。

アニサキスが本当に怖いのは食中毒もありますが、アナフラキシーショックです。生きたアニサキスから分泌・排泄された抗原が血管から循環血中に入り込み、じんましんが引き起こされるというものです。重篤化すると命にもかかわりますし、いったんアニサキスをアレルゲンとして反応してしまいますと、そのあとずっと魚類の摂取を控えなければならない体質になってしまうこともあるからです。

対処法はやはり青魚などの生食は避けること。お刺身などもスーパーで売っているのは基本冷凍処理されているため安全ですが、自分が釣り上げた魚などはやはり焼き魚にして食べるのがよいでしょう。そしてイカなどはよく噛むことです。アニサキスは外傷に弱く、少しでも傷がつくと死んでしまいます。

サバなどを天然ものとして売り出しているところもありますが、基本生食は避けましょう。養殖ものですとアニサキスはついていないのですが、天然ものにはついている可能性が高いです。イカ、サケサバのほかにはサンマ、カツオ、アジなどにも多いですので気を付けましょう。

Posted in 食事, 生活習慣 | Leave a comment

GW休業期間のお知らせ

日頃のご愛顧ありがとうございます。

勝手ではございますが、以下の期間をGW休業期間とさせていただきます。

GW休業:5月3日(水)~5月5日(金)

営業再開は5月8日(月)からとなります。

よろしくご了承のほどお願いします。

Posted in お知らせ | Leave a comment

幸福度を高める”ヒュッゲ”の精神

”幸福度指数”という指標があります。この指標で国際的に毎回トップクラスなのは北欧のデンマークです。そのなかで最近のキーワードは「ヒュッゲ」という言葉です。

ヒュッゲというのはデンマーク語で ”心地良い時間や空間”を表す言葉です。”巣ごもり”と称する人もいます。家の中で自分の愛するインテリアに囲まれながら、家族や友人たちとなんとはなしの時間を思い思いに過ごすという環境を表す言葉です。

北欧の人たちはこの巣ごもりを芸術、文化の一部にまで高めたのです。デンマーク人はこのヒュッゲの時間と空間を家族や友人、知人と大切にするのです。

今は働き方改革といって労働時間をできるだけ短くしようと国も動いているようですが、デンマークなど北欧諸国はもともと労働時間の短い国々です。

労働時間が短いだけではなく、日照時間も短いため、必然的に家に滞在する時間が長くなります。なので北欧ではインテリアの重要性が高まり、北欧家具なども世界的に評価されているわけです。

これには外食した場合のコストが非常に高いということも一因になっているようです。というのは外食をすると25%程度の消費税がかかってくるからです。日本の消費税のおよそ3倍ですね。高いお金(税金)を払って外で食事するぐらいなら、お家で食べなれた家庭の味をみんなで和気あいあいと味わいたいということでしょう。

北欧の日照時間が短いのは緯度の高さだけではありません。例えばデンマークでは一年間の降雨日数が170日を超えるようです。これは日本で最も降雨日数の多い石川県や鳥取県の165日と並ぶ数字ですね。

実は日本で最も幸福度の高い都道府県というと北陸の県がトップに上がることが多いのです。今なら福井県や石川県、富山県などですね。北陸地方は北欧と同じく豪雪地帯でかつ日照時間も短い地域です。

北欧と北陸、なんだか似ていますね。実際北陸の方は家族愛が強く、今でもおじいちゃんとお孫さんが3世帯で一緒に暮らすご家庭が多いそうです。

デンマークのようなヒュッゲの精神を日本人も見習いたいところですが、そのためにはまずは”健全なる怠惰”を意味するヒュッゲの精神というか余裕を許容する個人と社会の理解が必要になってくると思います。

Posted in 生活習慣 | Leave a comment

涙もろくなるのは脳老化のシグナル!?

壮年老年になると涙もろくなったと実感される方は多いと思います。ちょっとしたドラマや映画をみて、何となく物憂げになったり、昔なら泣くようなことはなかったなんてことのないシーンにもジーンときたりしたりして、年齢を感じることもあるかもしれません。

そのような感情はどこからくるのでしょうか。ひとつには過去の思い出や記憶からくる去就的な感情の発露ともいえるかもしれませんが、実は単純に脳の老化現象からであるかもしれません。

感情というのは脳の中に存在します。特に脳のなかでも古くから存在する大脳辺縁系にある「偏桃体」と言われる部分が、通俗的には”動物の本能”と呼ばれる諸機能をつかさどっているのです。この部分は怒ったり、泣いたり、外界からの刺激に対して感情を反応として送り返す機能を持っています。

この偏桃体は感情以外にも、例えば性衝動や食欲にも関係しています。なので偏桃体は動物としての生命維持のためになくてはならないものなのです。

そのむき出しの感情をコントロールしているのが、脳の大脳皮質内にある「前頭葉」です。偏桃体が感情をつかさどっているとしたら、前頭葉は理性をつかさどっているといってもよいのです。

この偏桃体と前頭葉は人間の人格を形成する対となる関係にありますが、偏桃体はどの哺乳類にも存在する進化的に古い部位に当たるのに対して、前頭葉はヒトにのみといってよいほど肥大した進化的にも新しい部位になります。

老化とともに前頭葉は衰えていくのに対して、偏桃体は比較的丈夫で衰えにくいといわれています。ですので脳の老化はまず前頭葉から始まるわけです。前頭葉が衰えても偏桃体は働き続けるので、これが高齢者の感情の起伏の激しさにつながっていくわけです。

最近ニュースでもすぐに”きれる”老人などが問題となっていますが、やはり脳の老化ともいえる症状が出ている可能性があります。前頭葉の働きが悪くなると、感情の制御ができにくくなり、何でもないことで怒ったり、涙もろくなったりして、感情の変動が激しくなるのです。

それでは脳の老化を食い止め、前頭葉の働きをよくするためにはどうしたらよいのでしょうか。それにはまずは運動です。特にランニングや散歩、など足を使った有酸素運動が効果的です。またサッカーやフットサルなどの頭を使いながらの運動もより効果的だといわれています。

また将棋や囲碁、一部のテレビゲームなども脳の老化防止に役立つといわれています。その他手を動かす趣味、ピアノやゲートボール、プラモデル製作なども脳の老化防止に役立ちます。

このほか前頭葉はコミュニケーション能力をつかさどる部位でもあるともいわれており、友人や知人、家族との毎日の楽しいおしゃべりが前頭葉の働きを維持してくれるのです。ですので多くの友人知人との気兼ねない会話が脳の老化防止につながるのです。

Posted in 生活習慣, 認知症 | Leave a comment

自覚症状が出にくい緑内障に対応するためには

目の病気のうちで緑内障は怖い部類にはいります。といいますのは自覚症状が出にくい症状なのですが、自覚症状がでた段階ではかなり症状が進んでおり、その間に失われた視神経が元に戻ることはないからです。

週刊文春が緑内障と白内障など目の疾患についての対策について特集「緑内障 白内障・・・「目の疾患」完全対策」していますので、その一部を紹介したいと思います。

自覚症状が出にくい理由として、東大宮メディカルセンターの平松類先生があげるのは、視野が欠けてきてもしばらくの間は脳がその不足を補ってくれるからです。これが目の異常について早期発見が遅れてしまう原因だといいます。

緑内障とは簡単に言えば、年齢とともに眼球が固くなって視神経が圧迫される病気です。眼球にはその中を循環する「房水」と呼ばれる液体が内から外に膨張することで、眼球の球体を保っているのですが、この圧力が何らかの理由で強くなり、眼球自体が膨らんできて周りの視神経を圧迫するのです。

緑内障が深刻なのはその失われた視神経の機能は二度と回復しないということです。視野に異常を感じるほど症状が進んだ時点で3割程度の視野が失われているといいます。

それでは初期症状がでにくい緑内障についてどのような対策をとればよいのでしょうか。それは「眼底検査」です。特に40歳台になると数年に一回、目の不調を感じる人は一年単位で眼底検査を受けることをお勧めします。

眼底検査を受けて、「視神経乳頭陥凹拡大」と記入された場合は要注意です。これは緑内障の疑いありということを表しているからです。

さてそんな怖い緑内障ですが、雑誌でも勧められている緑内障予防の食べ物があります。それが果物の「カシス」です。理由はカシスに含まれるアントシアニンという物質が抗酸化作用を持っており、血流を改善してくれる作用があるからです。

ちなみに目の健康によいとされるブルーベリーについてはその効果は医学的には確認されていないとのことでした。雑誌ではこのほか白内障や黄斑変性などについても詳しく書かれていますので、関心を持たれた方はぜひ手に取ってほしいと思います。

Posted in その他 | Leave a comment

カレーの一晩寝かせは食中毒の元!?

カレーを一晩寝かせるとおいしくなるといいます。これにはいくつか理由がありますが、具材の持つ甘みとうまみがジョジョに溶け出して、ルーに浸透していくからというのが一つ。またカレーのスパイスは容器のなかで余熱によって味がまろやかになり、熟成された味わいになるというのがもう一つの理由です。

しかし熟成と同時に気をつけなければいけないことは食中毒です。カレーを一晩そのまま寝かせますと、ウェルシュ菌という細菌が発生します。この菌の厄介なところは熱に強いことです。ですので例えばカレーを鍋でぐつぐつ煮込んでも、ウェルシュ菌は死滅せずに生き残るのです。

この菌は健康体の人でも保菌しており便から検出されますが、特に高齢者のほうが保菌率が高いといわれています。潜伏期間は約10時間程度といわれており、食べてからしばらくして腹痛や下痢などの食中毒の症状が現れ始めます。

カレーのみならずシチュー、ラーメン汁、めんつゆなどにも発生しますので、大きな鍋でぐつぐつ煮込む系はすべて気を付ける必要があります。一度大量に製造、配布された給食から食中毒がたびたび発生するため、ウェルシュ菌による集団食中毒は別名”給食病”とも呼ばれるほどです。

給食などを扱うプロの業者さんであっても、加熱済み調理料理は常温で放冷しても安心という誤解から食中毒は起こっています。逆にご家庭内での発生は少ないのが特徴です。

対応策としては、作ったらすぐに食べて残さないということが言えそうですが、やっぱり作り置きしたいときはありますし、はじめに述べましたようにそのほうが風味が出ておいしいのも確かです。

そこでお勧めしたいのが、ウェルシュ菌は空気(酸素)に弱いので、できるだけカレーの表面積が広く空気に触れる形で広べったいタッパなどに、空気のスペースと一緒に冷蔵庫で保管することです。そして大量に作った場合でも、できるだけ小分けして保管しましょう。

量が多いままで一緒に保管してしまうと、菌の繁殖率があがってしまい、食中毒を引き起こしやすくなるからです。これから暖かい季節になっていきますので、ご自宅で作り置きするときには注意してほしいと思います。

Posted in 食事 | Leave a comment

食べる順ダイエットはベジファースト、カーボラストが合言葉

食べ順についてはかなり人口に膾炙してきて、多くの人が知っているようです。ここでも何回か取り上げたトピックなのですが、ここでももう少し別の角度から紹介したいと思います。

食べ順ダイエットはふたつの要素で構成されています。一つは「べジファースト」で、もう一つは「カーボラスト」です。

ベジファーストはその名のとおり、野菜を先に食べるというものです。これは食物繊維を先に食べることで血糖値の上昇がゆるやかになり、インシュリンの分泌も少なくて済むということになります。

しかし最も大事なのはカーボラスト、つまり炭水化物を最後に持ってくることです。血糖値を上げ、インシュリンの分泌を促すのは糖質だからです。

なので、野菜を先に食べるのが苦手で、どうしても主食のお肉やお魚から食べたいというのであれば、野菜より先に食べてもよいと思います。ごはんやデザートを最後に食べることをまずは習慣にしてほしいですね。

このように甘さというものが、現代人の食生活には欠かせないものになっている理由の一つはやはりストレス社会というのもあると思います。

理想はフランス料理のコース料理のように、一品ずつ前菜からメイン、そしてデザートのように単独で食べきるようにでてくることです。これとは逆なのは、サンドイッチやおにぎりのように、周りをパンやごはんでコーティングされて食べやすくなっているものは要注意です。

サンドイッチを自作する際には、できればオリーブオイルを一緒に使ってみてほしいと思います。オリーブオイルが持つ良質のオレイン酸は血糖値の上昇を抑制してくれる効果を持っているからです。同様に酢の持つ酢酸は胃の中に入った食物の吸収を遅らせて血糖値を上げにくくする効果をもっているのでお勧めです。

これらはコンビニなどですぐに買えて手軽に食べられるので重宝されるのですが、できればサラダボウルなどの一品を一緒に買って、前菜として食べてほしいと思います。カーボラストは難しくても、ベジファーストはできるからです。

Posted in 食事, 生活習慣, ダイエット | Leave a comment