高齢者が切れやすくなる理由は!?

最近いわゆる”キレる”高齢者の方が増えているといいます。何気ないことでイライラしたり、大声をあげてしまったり、手を出したりして犯罪になってしまうケースも出てきています。その原因としては複合的なものがあげられます。脳科学的、社会的に、高齢者の感情を刺激しやすい環境ができてしまっていることが原因として挙げられます。

まず脳科学的に”怒り”というものを理解してみたいと思います。怒りや喜びなどの感情は主に脳の原始的な部分である「大脳辺縁系」で起こっています。これらを制御する理性的な役目をするのが「前頭葉」と呼ばれる部分でです。

なのでこの前頭葉が何らかの理由で劣化すると怒りの感情などを抑えられなくなり、怒りっぽくなったり、例えば涙もろくなったりしてくるようになります。例えば認知症などでも前頭葉の劣化から生じるものもあり、その場合は性格の変化につながるのです。

なので脳科学的にはこの前頭葉への理解が怒りへの対処法に役立つのです。

この前頭葉が怒りを鎮めるのに要する時間が約6秒だといわれています。なので怒りを覚えたとしても、最初の6秒間は意識して我慢しましょう。そうすると怒りの感情は続かないので、だんだんと冷静になっていきます。

もう一つ、高齢者が切れやすくなっている理由として、急速な情報化社会の変化があります。高齢の情報の取り方は主に新聞紙やテレビなどのマスメディアでしたが、今はスマホで済むようになり、高齢者の方がそれに追随しようとしても、操作方法が難しくて理解できないとなってくると、フラストレーションがたまってしまいます。

また高齢者には仕事から引退している方が多く、それが人間関係の大きな変化につながります。特に趣味から人間関係を作る女性の場合と違って、男性は仕事から人間関係を作るので、引退すると戸惑ってしまうことが多いのです。そうなると孤独感を感じ、それがイライラの理由になってしまうのです。

また怒りの感情がわいてくる原因の一つに交感神経と副交感神経のバランスが崩れていることがあります。そこでお勧めしたいのが炭酸水です。交感神経を抑制して副交感神経を優位にしてくれて、興奮を鎮めてくれます。はじめは飲みなれないかもしれませんが、今ではコンビニでも普通に売っていますし、飲みなれると癖になると思います。

このほか、ビタミンB1,たんぱく質, DHA、カルシウムなどが良いとされています。よろしくないのはやはり炭水化物などの糖質ですね。糖質を摂取すると一時的に血糖値があがり、それとともに脳内からドーパミンなどの快楽物質が放出され、一時的には気持ちがよくなりますが、血糖値が落ち込むと逆にイライラしてくるようになります。

このようにキレやすい高齢者の原因は一つだけではありません。周りの人もこのような事情を理解して暖かく見守ってほしいと思います。

Posted in 生活習慣, 認知症 | Leave a comment

血液検査でうつ病が判定できるようになりました

うつ病というと、もちろん心の病気だと思われています。そのためうつの診断には気分に関する簡易的な質問票チェックによるものがほとんどでした。

しかしそのうつ病にも血液検査で客観的な検査を行う方法が開発されてきています。まだ臨床の段階ですが、将来的に全国どこでも簡易な血液検査でうつ病の判定が付くことができるようになるといわれています。

その代表的なものがPEA判定と呼ばれるものです。この判定法は川村総合病院の川村則行院長が開発したもので、リン酸エタノールアミン(PEA)の血漿中の濃度を測定することでうつ病かどうかを判定するものです。

これは快楽や幸せを感じたりする脳内物質であるアナンダミドにかかわるリン酸エタノールアミンを使って測定するものです。具体的には、このPEA濃度が1.42マイクロモーラーより低い人は88%の確率でうつ病だと判定されます。

このPEA濃度ですが、どういうときに上昇するかというと例えば体が疲れているときです。川村先生によれば、週55時間以上働くとうつ病になりやすい傾向にあるとのことです。55時間ということは週5で働くとして、残業が3時間を超えるとそのリスクが高まるということで、ひとつの目安になると思います。

また自分の不慣れな職種に配置されることも大きなストレスになると指摘しています。過労死が社会問題となる中、その前段階のところでうつ病の兆候をしっかりつかむことで、悲劇を避けることができると思います。

もちろんこのテストだけで機械的に判定するものではなく、既存の質問票チェックや生活様式などを総合して判断していくものなのですが、血中濃度を図るという客観的なデータの補助は大きなものです。

血液検査についてはうつ病のほか、糖尿病や心筋梗塞、認知症の分野においても比較的安価で検査を受けることができるようになってきました。それぞれについて、このブログでも紹介していきたいと思います。

Posted in その他 | Leave a comment

リウマチについて知っておきたいこと

”リウマチ”というとみなさんどのようなイメージを持たれてるでしょうか。どちらかといえばご年配の方の病気というイメージを持たれていないでしょうか。

リウマチは免疫が暴走して自分の関節にかかわる軟骨、骨、組織を攻撃してしまう病気です。そのため関節にハレが生じて、そのまま進行すると患部が凝り固まって変形してしまいます。

よく膠原病(こうげんびょう)という呼び方もされますが、膠原病のほうがより汎用的で広範囲の症状を指し示す名称で、リウマチはその一部です。リウマチは語源がギリシャ語の”ロイチマス”、英語では”rheumatism”から来ています。

しかし患者さんの年齢分布をみますと、9割の方が60歳以下で発症していることがわかります。すなわちリウマチは必ずしも高齢者の病気ではなく、いつ発症してもおかしくない病気なのです。

リウマチには風邪に似たような初期症状があります。体がねつっぽく、だるくて、疲れやすく、食欲もないため普通の風邪かなと思うことがほとんどです。しかし風邪と違うのは、関節周りにはれが生じてこわばりがでてくることです。それも朝方が多いです。そして症状が進みだすと、小さな関節からはれだし、それが全身の関節にも広がっていきます。

原因については色々なものが考えられています。免疫機構の不調を引き起こす原因としてストレス、ウイルス、遺伝などが考えられています。しかし先ほども述べましたように、年齢を問わず突然発症するので、事前の対応はほとんど不可能です。

ただし喫煙が直接関係しているという研究はありません。また出産やけがなどがきっかけでも発症する場合があります。特に女性の発症率は男性の約5倍と高く、注意が必要です。スキーや海水浴などで紫外線を浴びた場合に発症するというリスクも指摘されています。

治療は主にステロイド系の投薬になります。まれに患者さんによっては劇的に効く場合もありますが、根治に至るのはかなり難しい病気だと言わざるを得ません。またステロイド投薬の副作用も強く、不眠や便秘や脱毛、高血圧や肥満などの生活習慣病、骨粗鬆症などを引き起こすといわれているために専門医の診断が必要になります。

リウマチの恐ろしさはその身体的な負担だけではありません。その恒常的な痛みからメンタルにも負担を与えてしまうのです。

その恒常的な痛みから四六時中心が休まるときがありません。睡眠も痛みからとぎれとぎれになりますし、鬱になったり、イライラして怒りっぽくなったりすることはよくあります。痛みへの周囲の理解の不足を感じると、周りの人間関係もおかしくなり、孤立してしまいがちになります。

患者さんへの対応では周囲の理解と気遣いが求められます。

Posted in その他 | Leave a comment

血糖値をあげないおすすめの麺類

血糖値が気になる方にとって、麺類というのは鬼門ですね。はじめから麺類というだけで避けてしまう人もいると思いますが、麺類といってもたくさんあります。ラーメン、そうめん、そば、パスタ、うどんなどいろいろあります。血糖値をあげない麺類というのはどれなのでしょうか。

その場合の基準となるのはGI値です。GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったものです。ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。

このGI値でみると、高い順ではうどん、そうめん、パスタ、ラーメン、そばになります。やっぱりそばは優秀ですね。ラーメンは意外に思われた人がいるかもしれませんが、確かにラーメンは豚骨スープなど脂分が多くてカロリーは高いのですが、GIはそれほど高くないといえます。

このように血糖値の点からもお勧めするのはそばです。そばにはなによりも豊富な食物繊維が含まれています。。そばが血糖値の上昇を抑えてくれるのはそば特有の抗酸化成分ルチンにあります。ルチンには傷ついた血管の内壁を修復したり血糖値や血圧、動脈硬化を予防してくれる効果があります。

このルチンはそばの生成方法によって変わってきます。そば粉100%で作られる十割そばなら100gあたり20gも含まれておりおすすめです。ただしルチンは水溶性なので、そば湯もしっかりと飲んでおきましょう。

そのほかそばにはビタミンB、カリウム、カルシウム、マグネシウムやリンなどの豊富なミネラルが含まれています。

最後に、麺類はどうしても摂取量が多くなります。蕎麦屋さんにいくと、つるっと食べてしまって、おなかがなかなか満足しないということがあると思いますが、麺を追加するのではなく具やサイドメニューで満腹感を満たすほうが血糖値の観点からいいと思います。

その場合炭水化物以外の海藻類や野菜などの食物繊維、肉卵などのたんぱく質を意識して選びましょう。そうすることで血糖値をあげることのないバランスのいい食事内容になります。

Posted in 食事 | Leave a comment

糖尿病予防になる果物とその食べ方

果物には基本果糖が含まれていますので、血糖値をあげてしまう効果をもっています。しかし血糖値を気にするあまり、果物が食べれないというのも残念なことです。果物中にはそれほど血糖値をあげない種類もありますし、上げないための食べ方というのもあります。ここではそのいくつかを紹介したいと思います。

まずキウイです。キウイの糖質は100g当たり12g程度と、フルーツの中では低カロリー低糖質となっています。鉄分の吸収を助けて造血を促してくれる銅も豊富に含まれていますので、貧血気味の女性にもおすすめです。

キウイの食べ方のコツは、皮ごと食べることです。キウイの皮にはポリフェノールがたくさん含まれています。ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、老化やガンを抑止してくれる効果をもっています。皮についている細かいうぶ毛が気になる方も多いと思いますが、その場合はスムージーにしたりして飲みやすくして摂取してほしいと思います。

次の果物はバナナです。バナナについては以前にも記事にしましたが、特にアスリートにとって欠かせない食材の一つです。実は高血糖を是正してくれる働きもあるのです。

バナナにはカリウムが含まれていて、これがエネルギー生産である糖代謝を促しくれる効果があるのです。また最近の研究ではメラトニン不足が糖尿病の発症リスクを高めることが指摘されていますが、バナナにはこのメラトニンが豊富に含まれています。

例えば朝食にバターを塗ったトーストをバナナに置き換えてやるだけで、カロリーは三分の1以下、糖質は半分以下、カリウムは3倍以上になるといいます。緩やかな糖質制限を考える方にはよいひと工夫になると思われます。

最後にブルーベリーです。ブルーベリーは昔から目に良いとされ、CMでもよく見かけますが、これはブルーベリーに含まれるβカロテンが、網膜で光に反応するロドプシンという物質の再合成に使われて、眼精疲労を癒す効果を持っているからです。糖尿病は網膜の合併症を引き起こすといわれており、その意味でもブルーベリーは糖尿病の合併症予防に効果的なのです。

ブルーベリーの青色は、アントシアニンというポリフェノールの色素から来ているのですが、キウイと同様に抗酸化作用をもっていますので、活性酸素を除去すると同時に毛細血管の内壁が酸素で傷つくのを防いでくれるのです。同時に果肉に含まれている渋み成分であるタンニンは、腸の粘膜を抑えて糖の代謝を整えてくれます。

このように果糖が含まれている果物類でも、食材を選んだり、食べ方を工夫すれば、不必要な血糖値の上昇をふせぎ、糖尿病予防にもつながります。ほかにもたくさんの効果的な果物がありますので、関心を持ってほしいと思います。

Posted in 食事, 生活習慣 | Leave a comment

咀嚼力を支える下半身の筋力

長生きする高齢者の特徴をみてみると、よく噛みよく食べるということが言われています。よく噛むことで活性酸素を減らすことができ、それがガン予防につながるといわれています。

それではその咀嚼力というのはどこから来るのでしょうか。

咀嚼力を細かく見てみますと、咀嚼筋と呼ばれる顎周りに筋肉にその力はあります。この咀嚼筋をさらに細かく分類すると側頭筋・咬筋・外側翼突筋・内側翼突筋の4種類があります。これらの筋肉が連動して動くことにより咀嚼する力が生まれるのです。

そして咀嚼力は顎を動かすことで生まれてきます。よくしゃべり、よく食べて噛む回数の多い人は自然とあごの力が鍛えられるのです。

またこれらの筋肉は顔の表情をつくることでも大切な筋肉です。日ごろから表情を豊かにできていれば、人とのコミュニケーションもスムーズにいくことになり活動的になり、歩く食べる話すの好循環が生まれることでしょう。

なので食事時によく噛むことが習慣になっている方は、唾液の分泌も盛んになりますが、唾液にはペルオキシターゼというたんぱく質が含まれていて、これには殺菌力があるので活性酸素を減少させてくれるのです。

そしてよく噛むことと同時に租借力には下半身の力、脚力が必要です。日ごろしっかり歩ける人は、かむ力も同時に発達しているといわれています。歩いてると口にしっかりと力がかかり、これが自然と咀嚼筋を鍛えてくれているのです。

これは逆も言えます。噛む力があるひとは脚力もしっかりとしていることが多いのです。これはスポーツ選手なら日ごろ感じていることだと思います。食いしばる力がなければ、手足にうまく力を伝えられないのです。

このように咀嚼力と脚力というのは連動しています。咀嚼力の衰えは脚力の低下につながり、脚力が弱くなると転倒するリスクも上がってしまいます。よく噛み、よく食べて、よく動く、それは何歳になっても大切なことなのです。

Posted in 生活習慣 | Leave a comment

O157と感染経路

O157による感染がニュースになっています。O157というのは病原性大腸菌のことで、特定の疾患を引き起こす可能性のある大腸菌の1種です。特にO157は腸管の粘膜を傷つけて出血させるというので危険な大腸菌とされています。

O157がニュースになるのは患者さんが重篤な状態になったり死亡したりした場合ですが、実は毎年3000人近くの人が感染しているといいます。そのたびに感染源の特定が大事になってきますが、なかなか特定するのは難しいことも多いです。

ほとんどの場合は食材そのものに問題があったり、調理する過程で大腸菌に汚染されたりすることもあります。このようにO157についてはその感染源が常に問題となるのですが、今新たに気を付けるべきは実は身の回りにあります。それはスマートフォンや携帯電話です。

みなさんはトイレに行かれた時にスマホをのぞくことはありませんか。このような習慣が常習化していると、トイレを出た後手を洗ってもスマホにはそのまま菌がついたままになっていることになります。スマホに付着した菌が感染源になっているのかどうか、まだ科学的な分析が行われたわけではありませんが、ひとつのありうる感染経路として頭に入れておいてもいいかもしれません。

またトイレというと、最近は送風で水気を飛ばすジェットタオル式のものが増えていますね。あれは紙の消費を抑えますし、そのゴミ捨ての手間もはぶけるのですばらしい発明なのですが、風で水気を飛ばすと手についていたウイルスや菌も同時に周辺に飛ばしてしまうので、それが感染源になっているのではないかという研究もあります。

スマホというのはもちろん機械ですので、なかなか”洗う”ことがありません。防水用の携帯であれば、そのまま水洗いをしてタオルでふくでいいのですが、スマホの防水性は高くありません。やはりウェットティッシュなどでこまめにふき取るように習慣づけしておきましょう。

スマホというと四六時中さわっているものですから、どうしても指の皮脂がつきます。皮脂は細菌の好物ですからそこから繁殖し始めるのです。

ですのでやはりスマホをトイレに持ち込んだりするのは控えたほうがいいと思いますし、最近はお風呂の中でも防水用の携帯を持ち込んだりする人もいるそうですが、湿気や水分はやはり細菌を繁殖させる原因になるので好ましくありません。

スマホは現代生活の中心におどりでましたが、それによる弊害もでてきています。スマホの小さな画面をのぞき込むことによる首への負担、また眼精疲労なども代表的なものでしょう。最近では”スマホ・サム”とよばれる手首の疾患も注目されるようになっています。

現代生活は次から次に便利な発明品がでてくるので、その利便性に溺れてしまいがちですが、その副作用というのも意外な形ででてきます。だからといってスマホを毎回吹かなくてはならないとかそこまで神経質になる必要はありませんが、ある程度の余裕を持ちながら対応していってほしいと思います。

Posted in 生活習慣 | Leave a comment

自覚症状のない水虫感染

水虫というと足の裏がかゆくなってから疑いだす人がほとんどではないでしょうか。でも実はかゆみがなくても水虫に感染している人は大勢いるのです。

なぜ水虫によってかゆみが発生するかというと、まず水虫菌は足の裏の角質層に侵入してそこに居座ります。そこからさらに皮膚の内膜に侵入しようとすると、免疫細胞が働き出して水虫菌を攻撃しようとします。それが炎症とかゆみを引き起こす原因となるわけです。

しかしそのかゆみが起こるかどうかは個人差があります。免疫細胞が働くかどうかも個人差がありますし、水虫菌が角質内に留まってくれるかどうかにも関係してきます。ですのでかゆみがなくても水虫菌は存在することがあるのです。

水虫菌が角質層を好むのは角質が菌の栄養分だからです。人間の髪や爪、皮膚の表面などはケラチンと呼ばれるたんぱく質でできているのですが、水虫菌にはこれが好物なのです。

それでは自覚症状がない場合、どうやって水虫菌の存在に気が付くのでしょうか。一番簡単なのはお医者さんに診てもらうことです。が、その前にいくつかの典型的な症状があります。まずよく知られているのはかかとの角質層が荒れて白く粉がふいているような状態です。

次に足指の間にふやけたような赤みがかったジュクジュクした状態になっていたり、逆に皮膚が破れて乾燥しているような状態になっている場合です。これらの症状は目で見て確認するだけですので簡単ですね。

水虫が発生しやすいのはやはりご家族と同居している場合です。その場合飛躍的に水虫菌の感染率が高まります。もしご家族の誰かが水虫に感染しているとしたら、ほかの家族の人にも感染している確率は非常に高くなります。

それでは水虫に感染しないための予防策ですが、まずなによりもお部屋をこまめに掃除することです。水虫菌は最初に言いましたようにケラチンとよばれるたんぱく質を好みます。部屋にこのケラチンでできている髪の毛や爪、皮膚片が落ちていたりするとその中に菌が存在している可能性が高くなります。

ですのでしっかりと部屋に掃除機をかけて、フローリングなら拭き掃除をすることが感染しないための予防法になります。

水虫菌は皆さんが思っているほど感染力があるわけではありませんが、生命力の高い菌です。なのですぐには感染しなくても、お風呂や台所のシートや床やたたみに隠れて感染する機会をうかがっているのです。なのでシートなどもよく洗濯して乾燥機にかけてほしいですね。

Posted in 生活習慣 | Leave a comment

食べごろ野菜の見分け方

関東は長雨続きで野菜の値段が上がっています。せっかくなのでやっぱり新鮮で熟していて食べごろの野菜を買いたいものですね。ここではちょっとした食べごろ野菜の見分け方を紹介したいと思います。

まずトマトですが、ホッチキスの跡みたいなスジが入った個体があります。なんとなく劣化しているように見えるかもしれませんが、このスジがトマトが成熟して甘くなっていることの証なのです。ですのでスーパーの店頭で見かけたら、迷うことなく選んでほしいですね。

次にニンジンですが、スーパーの店頭で売られているようなニンジンはすでに洗浄されて、その過程で表皮がうすく削り取られているので、改めてご家庭内で皮をむく必要はありません。そのことに注意した上で、まずは全体的に鮮やかな赤みかをチェックします。赤みが買っているほうが熟している証拠です。

また手にとってみて重量感があるかどうかを確認します。身が詰まって重量感があるほうがおいしいのです。葉の断面の部分も大切です。断面が大きすぎているとその分身の部分が薄く細くなっていてあまりおいしくありません。

レタスですが、キャベツとは違って中身があまり詰まっていなくて隙間があるフワフワした軽いものを選ぶといいでしょう。また切られて半身で売られているものについては茎の長さを見てほしいと思います。茎が長いと成長しすぎている可能性があるので、短いほうが良いのです。

またレタスですが、葉を手でちぎって食べるほうがよく、包丁で切ってしまうのはお勧めできません。包丁できると包丁の鉄の部分と葉が反応して酸化し、赤くなってしまうからです。なので水洗いしながら手でちぎって料理してほしいと思います。

野菜というよりは果物ですが、夏の定番であるスイカにも見分けのコツがあります。切っていないスイカを購入するときには表面がでこぼこして凹凸があるものを選びましょう。ついできるだけすべすべした球体を選びがちになりますが、凸凹しているほうが完熟していて甘くておいしいのです。

またカットされて売られているものについては、種がみえますので、種の色ができるだけ黒くなっているものを選びましょう。またその種の周りにすこし隙間ができているものが、完熟していて甘い証拠です。

このほか色々ありますが、このようにちょっとした知識を頭に入れておけば、毎日の食材選びにも役立てることができます。今はネット上にたくさんの情報がありますので、自分が好きで毎日の食材になっているものについては調べて役立ててほしいです。

Posted in 食事 | Leave a comment

夏バテ防止にかぼす

かぼすというと夏の風物詩の食べ物です。よく”すだち”と間違われますが基本ゆずから分かれた近接種です。すだちが徳島県産としたらカボスは大分産の食べ物です。すだちがゴルフボールくらいのおおきさだとしたら、かぼすはテニスボールぐらいの大きさだといわれています。

カボスの名前の由来はおもしろいです。カボスはもともと蚊をいぶす材木として利用されていました。なので”かいぶし”→”かぶし”が転じてかぼすになったようです。

でも用途としてはかなり重なる部分が出てきます。うどんに添えるのはすだちもかぼすもいけますし、鶏肉にも両方使っていますね。すだちは結構ジュースにも使われていましたが、最近はカボスジュースも商品化されるようになってきました。

個人的に愛飲しているのはかわいい商品名の「つぶらなカボス」です。JAフーズ大分さんが販売している商品なのですが、かぼすの果汁がはいってとっても酸っぱいのですがはちみつもはいって甘くておいしい飲み物です。かなりの人気商品になっているようですね。

かぼすは昔から薬効のある柑橘類として知られていました。古来より整腸剤や皮膚のヒビやアカギレなどに使われてきました。今でいうならアロエみたいなものですね。かぼすの栄養分はなによりもビタミンが豊富なことです。

特にビタミンCが豊富に含まれており、しわやシミの予防をしてくれ美容に効果があります。このほか風邪を予防してくれる免疫力アップの効果があります。

またかぼすにはクエン酸が含まれていて、クエン酸には疲労回復効果があります。夏バテ防止にかぼすをとることは疲労を回復させる合理的な理由があるのです。かぼすにはこのクエン酸がレモンより2倍以上含んでいて、かんきつ類のなかでも突出して含んでいることになります。

降雨が続く東日本と違って西日本は残暑が厳しいいつもの夏ですが、かぼすをさっとしぼっておいしくごはんを召し上がりたいですね。

Posted in 食事 | Leave a comment